140字SS:届かぬ声

スポンサーリンク

*

*

*

*

*

*

*

何処かの隅でうずくまる。
その前を、足早に通り過ぎる人達。
興味がないのだろう。
どうでも良いのだろう。

期待なんかしていないけど、
その状況に泣きそうで壊れそうな自分がいた。

「誰かワタシに気付いてください」

空しく響く、誰にも聞こえない声。
それでも、誰か、と願う。