140字SS:花火

スポンサーリンク

*

*

*

*

*

*

*

慣れない浴衣に袖を通し、
髪を結って簪を挿す。
カラコロと履物を鳴らしながら、
右手に真っ赤な林檎飴。

そして、足早な、君。

大きな音と眩い光が、
近くの空に花火を描く。

汗ばむほどの熱気に、
遠くの蝉の声。

そっと絡めた指先は、
お互いの頬を赤らめた。