140字SS:二人

スポンサーリンク

*

*

*

*

*

*

*

「「せーの」」

私と君で、水溜まりに飛び降りる。
このための長靴だろう。
着地した位置から、
水滴がゆっくりと溢れてゆく。
雨が降った後の特権。
「こんな馬鹿げたこと」
そう言うの?
そんな馬鹿げたことが出来るのが、
私達二人。
それさえも、何より愛おしいから。