掌編:Love Letter

スポンサーリンク

 「もう好きじゃなかったんだよね?
 ごめんね、付き合わせちゃって。
 私が謝るから、縋るから、別れられなかったんだよね?
 ごめんね、気付かなくて。
 短い期間だったけど、一緒にいられて幸せでした。
 ずっと好きな人だったから。

 傷付けてごめんね。
 嫌な思いさせてごめんね。
 きっともっと、謝ること沢山あると思う。
 全部ごめんね。

 私はずっと一緒にいたいけど。
 別れたくないから、怖くて言えなかった。
 でももう、態度も言葉も、前とは違うんだ。

 有り難う、楽しかった。
 幸せだった。
 大好き。
 サヨナラ。」

 封筒の中の合鍵。俺の家のものだ。

 俺は咲紀のことを愛している。
 これは別れ話なのだろうか。額面通りに受け取れば、「私は貴方を愛しているが、貴方は私を愛していない」そういうことだろう。

「だから別れる」と。

 確かにきついことを言った。冷たい態度もとったと思う。嫌いだからじゃない、寧ろその逆で好き過ぎる故の嫉妬と不安。

 ただそれだけだ。俺の愛情は、咲紀に伝わっていなかったのか。

 態度に出すのは苦手だ。恥ずかしいことも一つの理由だが、言わなくても分かっていると心の中で感じていた。

 違う、過信していた。
 対して咲紀は、いつも愛情表現を怠らなかった。言葉、態度、表情、仕草、全てから伝わってくる。愛されている感覚は心地良い。

 何より安心出来る。

 ……咲紀は、安心など出来ていなかったのか。

 初めは俺だって、言葉にし、態度に出していたのに。いつからか、「言わなくても、特別なことをしなくても分かるはず」そう思うようになったんだ。段々と冷たくなったと感じたのだろう。

 手に入ると安心してしまった。自分のものという驕り。冷たくあしらった日、嫉妬から責めた日、キツく罵った日。泣きそうな顔に、消え入りそうな声。

 咲紀は、独り泣いていたのだろうか。

「泣いてる顔は見たくない」

 何度も言ったのに、泣かせたのは俺だ。謝る咲紀を許しても、フォローは一度もしていない。自分のことで精一杯だった、いや、自分のことしか考えていなかったんだ。

 それでも俺を、俺なんかを愛してくれたのに。

 何を言っても大丈夫だと思った。何も言わなくても大丈夫だと思った。

 違ったんだ。独りよがりの八つ当たりなど、ただ傷付けるだけなのに。言葉にしなきゃ、態度に出さなきゃ何も分からないのに。

 まだ間に合うのか。俺は咲紀を愛している。携帯を手に取り、家を出る。

「俺だって咲紀を、愛しているんだ」

 そう、心から伝えるために。