掌編:はんぶんこ。

スポンサーリンク

 すっかり寒くなった秋の日。制服にカーディガンの私は、ポケットに手を突っ込みながら歩いていた。
 部活も終わり、まだちらほらと人の残る校舎を後にする。夕日は沈み、辺りは暗くなっていた。

 家までの道のりを、音楽を聴きながら歩む。危ないかもしれないが、私はこの時間が好きだ。

「さむっ」

 思わず声が漏れる。息はまだ白くはならなかった。
 ポケットから両手をだし、擦り合わせる。暖かい。コートを着たり、タイツを穿かなかったことを後悔する。

 だが、仕方ない。気を取り直し、またポケットに手を入れた。

 すると。

トントン──

 誰かに肩を叩かれた。

「?」

 イヤホンを外し、振り返る。

「お疲れ」
「あっ、お疲れさま」

 そこには裕樹がいた。隣の家に住む幼なじみで、気が付けば幼稚園から高校まで同じだ。

「一緒に帰んね?」
「うん、良いよ」

 家までの道のりを、二人で歩く。そう言えば、こんな風に二人並んで帰るのは、いつ以来だろうか。昔はよく遊んだが、気付いたら会うことも少なくなっていた。

 私がまだ小さい頃、何気に裕樹のことが好きだった。意地悪するけど優しくて、近所のガキ大将から守ってくれたから。
 人見知りの酷かった私は、あまり友達もおらず、毎日引きこもってばかり。そんな中、裕樹だけが、私の遊び相手だった。懐かしい思い出。

 今ではすっかり引きこもりも解消し、賑やかな毎日を送っている。

 家までは歩いて十五分ほど。

 昨日見たテレビの話。授業で当てられた時のこと。部活で行った合宿。

 話したいことは沢山あるが、時間が足りない。

 どうしよう。

 風が吹く。またポケットから手を出し、息を吹きかけた。

「一気に寒くなったなぁ」
「そうだよね。あーあ、コート着れば良かった」

 裕樹は、鞄をゴソゴソとし始めた。

「これ」

 手袋を差し出す。

「使いなよ」
「えっ、でも、裕樹のじゃん」
「良いんだよ、別に」
「でも……」
「じゃあ、こうしよ」

 裕樹は片方をはめ、もう片方を差し出した。

「半分こ。な?片方ポケット入れれば良いし」

「うーん。じゃあ……」

 右手にはめる。私には少し大きい。

「有り難う。暖かいよ」
「やっぱり、手袋は良いなぁ」

 ニコニコしながら手袋を見る裕樹に、思わず笑みがこぼれる。

「なぁ、明日も帰ろうや」
「えっ、あ、うん」

 思いもよらない誘いに、ドキッとする。

「絶対だぞ?」
「うん。わかってるよ」
「あっ、やっぱりこれ!」

 はめていた手袋を外し、私の左手にはめる。

「明日返してくれれば良いよ。そうしたら、絶対会うことになるでしょ? ほら。だからはめてって!」

 そう言った裕樹の顔は、少し赤い気がした。

 そんな表情に、つられて顔が赤くなる。

 あぁ、そうか。

私、裕樹のことが──

「じゃあ、また明日」
「うん、また明日。手袋、有り難うね」
「おう」

 裕樹と別れる。

 早く明日になれ。
 そう願う。

 私は、恋をしていた。