掌編:no one.

スポンサーリンク

 人を殺めた僕。一人、二人、きっと数え切れない。
 僕は罪を犯した。それでも誰かと繋がりたかった。
 僕に出来た友達。

 生まれた時から、暗殺者として育てられた。そのことに、疑問は持たなかった。『当たり前』だったから。

 僕と同じ、生まれた時から、暗殺者として育てられたハヅキ。
 王の妾の子として産まれ、王子の影武者として育てられた、キサラギ。
 暗殺の道具として、幼い頃から扱われてきたミナヅキ。

 皆きっと、家族だった。そして間違いなく、友達だった。

『ありがとう。ハヅキも元気で』
 そう言ってハヅキと別れた。ハヅキは笑って仕事に出向き、その後一度も姿を見ることはなかった。

『幸せを、祈ってる』
 そう言ってキサラギと別れた。キサラギは王子の代わりに、劇薬を飲み込み身体を失った。

 ミナヅキは闇に生きる民に娶られ、族長の命と引き替えに、記憶と自由を失った。言葉を交わすことも無く。そんなミナヅキとの別れ。

 僕が側に居れば良かった。そうしたら、もしかしたら、違う未来があったのかもしれない。

 きっと悩んでいただろうのに。僕が皆を送り出した。引き留めることはしなかった。僕の周りにはもういない。
 かつての仲間でかつての友。

 日々の生活の中で、ふと虚しくなる瞬間がある。

『引キ止メナクテ──良カッタノ──?』

 そう問い掛ける自分。

『コレデ──良カッタンダヨ──』

 そう答える自分。

 今でも聞こえる、懐かしい声。光の見えない三人が。「幸せ」になれますように。

 どうか。ドウカ。

 ハヅキが。
 キサラギが。
 ミナヅキが。
 幸せで、ありますように。

 アナタが僕の幸せを祈ってくれたように。僕もアナタの幸せを祈っているから。

 自分が選んだ道を、後悔しないで。その時はきっと。僕も後悔してしまうから。

 いつかまた。きっと。そう、きっと。

 また会う日が来るだろう。その日まで。

 サヨウナラをしよう。少しだけ。ほんの少しだけ別れを。

 振り返らないで、そのまま歩いて。また、会う日まで。

 サヨウナラ。だね。