掌編:星屑

スポンサーリンク

 「っ……ナオト! 早く開けろ! 人が来ちゃうだろ!?」
「待って! これ難しい!」
「早く!」

 僕達ハ──コウシナキャ生キテイケナイ──。

 荒廃した世界。貧富の差は広がり、金持ちが権力を握る。一部の人間は、犯罪に手を染めることでしか、生きることが許されなかった。
 争いが絶えず、皆が傷付け合う日々。それでも、生きる為に笑う。生きる為に欺く。あまりにも、弱い。

 僕は、後者だ。

「──あれ?」

 開かない。
 店の扉をガンガンと叩いてみる。カードキーを通す場所と、幾つもの見慣れないボタン。小さな店なのに、セキュリティはしっかりしている。

“面倒だな”

 横ではツカサが『早く早く』と急かしてくる。
 ……こういうことは、あまりやりたくないんだけれど。

「違う。ナオト。ロックはこうやって開けるんだ」
「ムラサキ……」
「俺がやる。お前はそこで見てろ。きっと、役に立つ。覚えておけ」
「わ、分かった」

“簡単なロックなら、直ぐに開けられるのに”

 慣れた手つきで解除を始める。

「──よし!」

 ムラサキが最後のボタンを押す。カチッと小さな音がすると同時に、寄り掛かっていた扉が開いた。

“凄い──! こんな、こんな短時間で──”

 誰もいないのを確認して、僕とムラサキが中に入る。ツカサは外で見張り役だ。

「ナオト。レジを開けろ」
「えっ、あっ、はい……」

“お金、盗むのかな”

 さっきのロックに比べたら、随分簡単そうな造り。

“これなら!”

 ガチャガチャと弄る。

“此処をこうして、こっちを……”

 カチャ。

「よしっ!」

 思わず声を上げる。いとも簡単に開いたレジ。中身は?

「……無い」

 レジの中は空っぽだった。

“それもそうか、営業はとっくに終わってるんだから。持ち帰った後、だよな。”

「あったか?」
「無いよ」
「だろうな」

“分かってるんなら開けさせるんじゃないよ……”

 少しふくれて見せる。

「怒るな。見付かるとまずい。出るぞ」
「……はいはい」

 すると、いきなりドアが開いた。

「たっ、大変だ! 人が、人が来る!」

 ツカサが慌てて近付いてくる。

「!?」

コツコツ──

 店の人間が見回りにでも来たのか、足音は徐々に近づいて来た。

「隠れろ!」

ムラサキに言われて身を潜める。

“くそっ! 絶対、見付かるもんか──!”

「誰か、いるのか──?」

 いつ見付かるか分からない状況に、頭の中で心音が響く。

“そういえば、ツカサ……は?”

「あっ……!」

 ドサッ

“ツ、ツカサ!”

「誰だ!?」

 男が振り返った目線の先には、お店の籠を倒したツカサがいた──。

「やば……っ」
「何だお前! 何してるんだ!」

「逃げろ!」

 ムラサキの声を聞いてツカサが走り出した。

“くそっ! 何で見付かっちまったんだ!”

「他にもいるのか! 何処だ! 出てこい!」
「……っ……静かにして下さい──」

ブス──ッ。

 何かを刺す音。少し、鈍い。
 一瞬、ムラサキの手に、何か細くて光る物が見えた気がした。

 この日、帰った僕達はたっぷり姉のシオリに怒られたんだ。泣きながら、『心配したんだよ』と。
 ズキズキと、胸が痛んだ。

 あれから月日は経って。

「僕に開けさせて下さい! お願いします!」
「……頼んだよ、ナオト!」

 あの時開ける事が出来なかった、店のセキュリティシステム。今目の前にある、この扉のセキュリティは、あれよりきっと、遥かに難しいんだろう。

 あの時の店主は、死亡したとニュースで見た。ムラサキは、俺たちを残して消えた。シオリは、病に倒れた。

 僕を守ってくれる人は、もういない。代わりに、僕に守る人が居る。

“大丈夫、きっと……出来る!”

『キット、役ニ立ツ──』

“ホントだよムラサキ。アンタの言う通り……『役に立つ』日が来た──”

 僕は、大切な人を守る事が出来なかった。どんなに頑張っても、ムラサキの様に強くもなれなかった。全部全部、大切なモノは手の中をすり抜けていって。

 一つ一つ、ボタンを押す。
“これならいける、かも! ムラサキ、アンタにはまた助けられたよ──”

 今は、捕らわれたツカサの為に。僕は此処を絶対に開ける。

 誰も死なせず、誰も殺さず、どんなに難しくても、必ずやり遂げるから。