掌編:ちょっとだけ

スポンサーリンク

 いつも連絡は私からだった。
 大好きだから会いたくて。大好きだから繋がっていたくて。

 たまたま、俯いて歩いた日。気分も乗らず、ただ誰かに甘えたいとか、そんなことを考えていた。
 毎日に疲れていたんだろう。些細なことでも、私には重たく感じた。

「大丈夫?」

 廊下ですれ違うとき、彼に声をかけられた。

「んー、大丈夫。自分の方が大変じゃん?」

 いつも通り笑ったつもりだった。でも、笑えていなかった。

「大丈夫じゃないよね?」

 彼は眉をひそめて言った。

「えっ、そんなことないよ?」

 しまった、と思った次の瞬間には、色んな事がどうでもよくなっていた。力が抜ける。きっと無表情だろう。

 けれど。

 大丈夫。まだやれる。

「無理すんなよ?」

 彼がぽんぽん、と、私の頭に触れた。

「……え?」

 驚いて顔を上げる。

「心配なんだよ」

そう言いながら、右手で私の頭を撫でる。

「うん……ごめん」

 少しだけ期待した。いつもと違う日常を。彼にとっては些細な出来事かもしれない。

 でも、私にとっては…

私の願い。

 両手で彼の左手の指を掴む。

「有り難う」
「ん」

 そう言って、ゆっくりと彼は私の手を握り返した。

 幸せな瞬間。

 どうか、この先も続きますように。