掌編:ほろにがチョコレイト

スポンサーリンク

 手作りは苦手な人もいるから。そう思って、最初は作らないつもりだった。

 何が好きだろう。何に興味があるだろう。ずっと君の事考えながら。

 買ったチョコレートを渡した。当日には渡せないから、少しだけ早めに。

 直接「はい!」って渡したかったけど、渡せなかった。それでも良かった。

 でも何処かでまだ納得していなくて。要らないかもしれないけど、チョコレートを作った。
 押し付けがましいかな?とか、二個も要らないよね?とか。考えたけど、渡したかった。

「手作りのクッキー貰えたんだ」

 心なしか嬉しそうに話す君に、私は何も言えなかった。

「そうなんだ。良かったじゃん。私も作ったけど、元々はこっちあげようと思ってたんだよね」

 笑顔で返し写真を見せた。

「まぁ、食べちゃって」
「なんか寂しい子じゃん? 私。食べるけどさ」

 鞄に入れたチョコレート。
 胸がキュッとなって、何も言えなくて、甘くない恋をゆっくり噛み締めた。