掌編:だいすき。

スポンサーリンク

 沈黙だった。2人を包む独特の空気。
 彼の顔が近づいてきたかと思うと、次の瞬間には口を塞がれていた。

 声も出ない。

 きっと、さぞかし驚いた顔をしていただろう。唇を離し、私の顔をじっと見つめた後、彼はもう一度私にキスをした。

 そんな、ただの、夢。

 なんて関係でもなかった。ただの友達、でも、距離は近い。歩く時に互いの手が当たっても、腕がぶつかっても、どちらも何も言わない。

 目の前に顔があっても。
 さり気なく肩に手を回しても。
 袖口を掴んで歩いても。
 お互い、何も。
 そんな近過ぎる距離。

 出かけた時のまるで儀式のような。

「それじゃあね」
「頑張れよ」

 そう言って、手を差し出す彼。別れ際の握手。右手でしっかりと手を握り、この瞬間を惜しむ。

 少なくとも私は。

 もう少しだけ、このまま。

 電車を何本も見送る私に、彼は何も言わずに付き合ってくれた。駅のホームで、ただただお互いの話をした。

 歩く時、少しでも触れたくて。夜道に託け彼のコートの袖を掴む。手を繋ぐことはない。
 でもきっと、指をそっと掴んだら、優しく握り返してくれるんじゃないか。そんな淡い期待を抱きながら、何度も何度も袖を握った。

 いつもは握手だけの別れ際。そっと頭を撫で、肩を抱き、私を電車へと送り出した。

 幸せだった。友愛の印でも、男女の感情がなくとも。彼の手は心地良かった。

 ドキドキしたと、正直に告げた。

「あれくらいで動揺するなんてまだまだ。俺の勝ちだね」

 真意は分からなかった。でもきっと、深い意味はない。そう思った。思い込んだ。

 だって、そう、もう一度撫でて欲しいと伝えても、答えはNOだったから。

 それ以上を望みたかった。
 それ以上は望めなかった。

 ある日、階段ですれ違う。

「ずるい」

 一言、私は彼に言った。彼の指先を、ぎゅっと握って。泣きそうな顔、だったのかもしれない。

 少し困ったような顔。

「お前のがずるい」

 そう言いながら、彼は私の手を握り返した。空いた手で頭を撫でられた。

 しないんじゃなかったの?

「普段負けっぱなしなんだよね」

そのまま抱き寄せられる。

 少しの沈黙。じっと私を見る真剣な眼差し。

 彼の顔が近づいてきたかと思うと、次の瞬間には口を塞がれていた。
 声も出ない。

 きっと、さぞかし驚いた顔をしていただろう。唇を離し、私の顔をじっと見つめた。

「俺だって男なんだよ。無防備過ぎ」

 バ ツの悪そうに呟く。

「俺以外にすんなよ。……また、後で」

 彼はもう一度キスをして、その場を去った。

 神様、望んで良いのであれば、もう少しだけ、この続きを私に下さい──