第23話:【回想】花火と心の声③ (あの時、一番好きだった君に。)

スポンサーリンク

 「コラ! 君達何をしている!」
「あっ! やばっ!」

 花火の終了の時間だ。巡回中の警察に見つかったのだ
「保護者誰? 未成年いない?」
「あ……私です」
「え? 君? 何? 大学生?」
「いえ、33です……」
「はっ? 本当なの? 免許証あるなら見せて」

 警官が見えた瞬間、私達は自然と後ずさりしていた。店長には申し訳ないが、ここから見守ろうと思う。

「……ねぇ、店長童顔だとは思ってたけど、まさか大学生に間違われるとはね」
「暗いしよく見えないんじゃない? あれで既婚子持ちです、って言われても、確かに広絵も信じられないかも」
「私も無理かも。ってか、今日来て良かったのかな、店長」
「なんで?」
「遅くなっちゃうじゃん、帰り」
「奥さんと毎日喧嘩してたらしいよ、帰宅時間で」
「遅いもんねぇ。でも、飲食だと仕方なくない?」
「遅いって怒られて、やけ酒して帰ってまた怒られて、帰り辛くて寝静まってから帰るらしいよ」
「は? それまで何してるの?」
「店で掃除したり、翌日の準備したり、何にもない時は漫喫行ったりしてるんだって」
「はぁー……。大丈夫なのかな、家庭」
「さぁ? 子どもまだ小さいみたいだしね。あまりにも顔合わせなくて、その内喋るようになったら、パパじゃなくて『おじちゃん』って呼ばれるようになるんじゃない?」
「……その忠告、是非店長にしてあげて」
「えー、めんどくさい」

 ペコペコ頭を下げる店長を見て、申し訳ない気持ちいっぱいになる。

「はぁ。今回は注意だけにするけど。ここ花火禁止だからね。駄目だよ。ちゃんと片付けて帰って」
「はい、すみませんでした」
「君達も。いいね?」
「「「「はーい」」」」

 声を揃えて返事した。

「怒られちゃった。帰ろうか」
「待って、広絵、写真撮りたい」
「写真?」
「デジカメ持ってきたの。お願い! 皆で花火やってるところ、写真に残したいの」
「誰が撮るの?」
「誰って。勿論店長じゃん。はい、皆花火持って」

 広絵にデジカメを渡された店長を前に、4人横に並ぶ。直人、広絵、私、航河君の順だ。

「火をつけたら、皆ピースしてね、店長、タイミング逃さないで!」
「はいはい」

 店長がデジカメを構えた。直人と航河君に火をつけてもらうと、花火で回りが明るくなる。言われた通り、片手でピースを作った。

「はい、撮るよー! 笑って! はい、チーズ!」

 今を切り取り、デジカメに収めた。綺麗に後片付けをして、公園を後にする。

「写真現像したら、皆に渡すね!」
「俺写ってないし」
「まぁいいじゃん!」

 悲しそうな店長を後目に、直人は広絵と、私は航河君と一緒に帰り道を歩く。
 約束通り、航河君にコンビニで桃のお酒を買ってもらった。いつもと同じ帰り道。でも、私の心はいつもよりもザワザワとしていた。

「どうかした?」
「ううん、何でもない。花火、楽しかったね」
「だね。結局、店長何しに来たのかわかんないけど」
「あはは、独りで花火してたしね。警官の相手もしてもらっちゃったし、ちょっと申し訳なかったかな」
「大人の仕事!」
「もう私達も大人じゃないの?」
「俺の心は永遠の少年です」
「なにそれ。子どもってこと?」
「心はね」
「変なの」

“大丈夫。いつも通りだ”

 航河君は私を家まで送ると、まだ自転車には乗らず、歩いて帰って行った。

 2日後、バイトに行くと、広絵から写真を貰った。花火の時の写真だ。家に帰り、寝る前に航河君に貰った桃のお酒を開けて、机に写真と共に置いた。

「結構よく撮れてるじゃん」

 そこには、花火の火と煙を前に、ピースサインで笑う4人が写っていた。
 私の隣には、航河君がいる。お互いに寄り添うように身体を傾けて写るその姿に、店長の『付き合ってるの?』という声が頭に響く。

「……付き合ってる訳ないじゃん」

 一口、桃のお酒を口に含んだ。

「……おかしいな、このお酒、甘い筈なのに。……なんで、何で今日はこんなに……」

 写真の私も航河君も、良い笑顔をしている。

「苦いんだろう」

 写真を見つめ、私はそう呟いた。