1. さぁ、ぼうけんへ。 (リィナとよるのないまち)

スポンサーリンク

 「おはよう」

 目を覚ました少女。リィナは6才の女の子です。いつも、決まった時間に眠り、決まった時間に目をさまします。

「時間は7時、お日さまの形が上だから、今はちゃんと朝ね」

 リィナのおうちにかざってある、その時計には、1から12の数字とそれをきざむハリ以外に、二つの絵がかかれていました。
 それは、『お月さま』の絵と、『お日さま』の絵です。ニコニコ笑うお日さまと、スヤスヤ眠るお月さまが、数字をはさんで反対側に描かれていました。

 時間が進むと、お月さまとお日さまが、同じように数字の周りをグルリと回ります。
 9と3をまっすぐ結んだ線の上に、どちらが顔を出しているかで朝と夜を決めていました。

 なぜ、そんなことをするのでしょう。

 それは……

「ねぇお母さん! 本当に『夜』はあるのかしら?」

 リィナはお母さんに問いかけます。

「もちろんよリィナ。お母さんが生まれた村には、夜があったのだから」

 お母さんは答えます。

「じゃあどうして、リィナのまちにはないの?」
「さぁ、どうしてでしょう。お母さんにも、わからないわ」
「お母さんは、夜は好き?」
「えぇ、好きよ。お星さまがキラキラかがやいて、お月さまがやわらかい光で、みんなのことを包んでくれるの」

 夜の話をするお母さんはとても楽しそうでしたが、夜がないことの話をすると、どこか悲しそうでした。

「それなら、リィナが夜を取ってきてあげる!」

 リィナの住むまちには、どこにでもあるはずの『夜』がありませんでした。そのまちで育ったリィナは、何もギモンを感じません。
 でも、大人や他の場所に住む人たちの話を聞くと、夜がとてもステキなモノに感じました。

 なにより、大好きなお母さんが、あんなにあんなに楽しそうに、夜の話をするのです。そんな夜がステキじゃない、なんて、考えられません。

 夜を知らないリィナは、『お月さま』と『お星さま』のこともよく知りませんでした。
 知っているのは、お月さまが時計に描かれている見た目だということ。お星さまと一緒に、夜になると光るということ。

 そして、きっとどちらも素晴らしいものだろう、ということだけでした。

「お母さんに、また夜を見せてあげたいわ。だからリィナ、ぼうけんに出かけるの!」

 小さなリュックに、お腹が空いた時のおかし、ノドがかわいた時のジュースをつめこみます。オマケに、ケガをした時のバンソウコウ。

「できた! いってきます!」
「あらあら、うふふ。いってらっしゃい。夜ご飯までには、帰ってくるのよ?」
「はぁい」

 お母さんは 、『何を持って帰ってくるのかしら』と、いつもと変わらない調子でリィナを見送りました。

 けれども今日は、いつもと違ったのです。リィナは本当に、『夜』を探すために、出かけていったのでした。

 パンパンに膨らんだリュックと、夜に会いたい気持ちを半分、お母さんを喜ばせたい気持ちを半分持って。