あらすじ (リィナとよるのないまち)

スポンサーリンク

リィナの住むまちには、『夜』がありません。

夜を知っているお母さんに、また夜を見せたい。

わたしも、夜のことを知りたい。

そう思ったリィナは、小さなリュックを背負って、夜に会いに行くことにしました。

まだ幼いリィナと、冒険の途中で出会う仲間たちとの、ほのぼのファンタジーな世界へ。

『どうして、リィナのまちには、夜がないんだろう?』