プロローグ (涅槃の魔女とひとりぼっちの魔王様)

スポンサーリンク

 崩れかけた城に、少女が独り。

「どうして、私がこんな目に会わなければいけないの? 私が、一体何をしたというの?」

 目に涙を溜め、誰もいない部屋で1人呟く。

 辺りは暗く、生き物の気配はない。

 少女の目の前には、『なにかの死骸』が、横たわっていた。

「どうして死んでしまったの? 何故私を置いていくの? ……どうして。どうして!」

 その死骸に縋り付く様に、少女は覆い被さった。

 少女の身体には、無数の傷。一部は抉れ、一部は血が流れる。
 何かと戦ったような、あるいは、何かに襲われたような。普段の生活では、絶対につかないであろう傷。それが、彼女の身体を埋め尽くしていた。

「置いていかないで! 貴方がいなければ、私は……私は……」

 嗚咽混じりの鳴き声が、静寂の中ただ一つ響く。

 少し離れた場所に、別の何かの死骸が3つ。同じ様に横たわっている。
 少女はその死骸には目もくれず、目の前の死骸にただただ泣き叫んだ。

「独りにしないで……。お願いだから、私も死なせてよ……。ねぇ……オルカ……」

 ガラガラと、何かの崩れる音がする。

 此処は魔王の城。99代目の魔王が死に、主人を失った城は、今にも全て無に帰ろうとしていた。

「神様……ねぇ、神様……。アナタがもし本当にいるのなら……私の願いを叶えてよ……」

 その声は響くだけ。

「私を、私を独りにしないで……!」

 ザァザァ──ザザザザザ────

 遠くの方で、雨の降る音がした。同時に、ゴロゴロと雷の音も聞こえる。

 窓から差し込む雷の光が、少女とその死骸の影を映し出した。
 童話の一部を思わせる、何処か幻想的なその場面は、切り取ることが出来たらさぞかし悪趣味で綺麗だろう。

「お願い……お願いよ……」

 雨脚は強くなる。雷の音も近い。

 それは、神の肯定の返事か。
 それとも、否定の返事か。

「うぁ……うああぁああああぁぁ──!!」

 その雨は少女の心を映し出すかの様に、いつまでもいつまでも降り続いた。