あらすじ (涅槃の魔女とひとりぼっちの魔王様)

スポンサーリンク

 『私をもう独りにしないで』

 99代目の魔王が、勇者の命と引き換えに討たれて幾許か経った頃、復興を成し遂げた世界に100代目の魔王が生まれた。

 彼の名はオルカ。

 同じ魔の存在の魔物はおらず、同族もいない彼は、唯一の【悪の存在】として、懸命に生きようとする人間達を、滅しようと目を覚ました時、1人の少女【トート】に出会う。

 99代目の魔王は、誰にでもなく生まれてすぐに呪いをかけた。
 その呪いは受けた人間の歳を取らなくするものだった。
 死ぬことは許されず、ただ生きるのみ。
 掛けた者だけが解くことの出来る呪い。しかし、もうその魔王はいない。

 100代目の魔王と、99代目の魔王の呪いがかかった少女。

 ひとりぼっちの魔王は、自分の仲間を探す為に、呪いを解く術を探す死なない少女と旅に出る。

key word***
ファンタジー 少女 友情 愛 ダーク 悲しい 暗い 闇 魔王 魔族 魔物 魔女 伝記 異種族 人 魔法 儚い 争い 日常 仄暗い 魔法 孤独 生死 死 不死身 呪縛 アクション 旅

※この作品は、同作者名及び同作品名にて、小説家になろう、アルファポリスに掲載しています。
※作品及び作品情報について、予告なく加筆修正を行います。